無職になった時のクレジットカード更新について

クレジットカードに申し込みをすることが出来る人の条件として、安定した収入があるという事が求められます。
申し込みをした時には仕事をしていたけれど、なんらかの事情により、仕事を辞めてしまい、無職になったという時、クレジットカードの更新時期には更新されない場合もありますが、多くの場合はそのまま更新されるとされています。



その理由としては、初めてクレジットカードを作るという時には、年収などが重要視されますが、作られてから重要視されるのは、年収ではなく、利用履歴であるためです。

これまで、遅れること無く支払いを行っていたという実績があり、現在も支払いが遅れていないという場合には、更新拒否されるということは考えにくいと言えます。



そして、年収や勤務先については、申し込み時に確認されることはあっても、更新時には確認されることはないという事があります。

その為、無職になったという場合でも、契約者がそのことを申告しない限りは、カード会社が知る術は無いのです。



ただし、だからと言って無職になったということをカード会社に伝える必要が無いのかというと、決してそうではありません。


会員情報について、変更点があったにも関わらず、申告しなかった場合には規約違反となり、更新拒否の原因となる可能性があります。無職の期間が短ければ、わざわざ申告する必要はないとも言えますが、その為、ある程度長期的に無職の状態が続いているという場合には、カード会社に申告をしたほうが良いのかもしれません。

Copyright (C) 2016 無職になった時のクレジットカード更新について All Rights Reserved.